商品のご紹介


醤油もろみ粕を原材料にする発想の転換と独自技術を融合

 醤油といえば「液体」のイメージをお持ちの方がほとんどだと思いますが、フリーズドライ(真空凍結乾燥)やスプレードライ(噴霧乾燥)による粉末状の商品も販売されているのをご存知ですか?

 料理に水分を加えることなく風味だけを与える隠し味として大変便利なのですが、製造コストが高いため価格が高めで、湿気に大変弱いため開封後にほどなく固まってしまい使いづらく、化学調味料などの添加物で風味を補っているものが多いといった難点がありました。

 それらを解消するため、弊社は従来の製法によらない特許出願中の独自技術と弐段仕込のきぢ醤油(広島県呉市)の醤油もろみ粕を用い、醤油風味の粉末調味料粉末醤油 粉むらさきを開発いたしました。適度な風味を備え、余計な添加物を加えずとも長期常温保存が可能で、開封後も固まりにくく使いやすい商品となりました。

粉末ならではの用途と価値をご自身でご発見しお楽しみください。



粉末醤油 粉むらさき

品名:醤油風味調味料

原材料名:醤油もろみ粕(小麦、大豆、脱脂加工大豆、食塩、ぶどう糖、アルコール)

賞味期限:製造日より1年6ヶ月

保存方法:直射日光を避け、低温・乾燥した場所で保存してください。

栄養表示(100gあたり):エネルギー299kcal たんぱく質30.6g 脂質1.4g 炭水化物41g ナトリウム6900mg

¥2,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日

余計な水分を加えない隠し味

粉末なので水分を加えず風味だけを与えることが可能です。揚げたてのフライドポテトに粉むらさきを塩の代わりにまぶすと適度な塩分に加え、余熱で焦がされた香ばしい醤油の香りをお楽しみいただけます。

他調味料と合わせても美味しく

マヨネーズやチーズ、バターなどの乳製品と好相性です。パンにバターを塗って粉むらさきを適量ふりかけ、チーズをのせて焼いていただくと香ばしく濃厚な組み合わせをお楽しみいただけます。

素材の引き立て役として

生牡蠣に粉むらさきで衣を付けてみてください。(少しかけるだけでも)

醤油の成分であるアミノ酸を吸収しつつ脱水され身も締まり、ねっとりとした食感を生み出します。日本料理の技法である「昆布締め」に似てますね。

しかも昆布と違って塩分を含むので浸透圧がかかり、一晩置く必要もありません。